1. home
  2. CG & Mac PICT
  3. Painter過程1

Painter過程1

あんまり参考にならない制作過程1。

1)まずラフ。(これは結構好きな作業


ラフの段階まではフォトショでやってます。
雑さ、汚さは無視して大体のアタリとイメージ掴めれば無問題!てな感じでw


2)線画。 (線画のクリンナップは苦手だ…


ここからはペインタに切り替え。
線画に使うツールはいまだに気に入ったのが作れてなく毎回違ったりするんですが今回はエアブラシで。
(今回存在は知ってても今まで使ったことのなかった回転ツール使ってみたんですが、これ便利ですね。なんで今まで使わなかったのか…orz
んでよくいう線の補正はブラシコントロールの間隔にある「滑らかさ」というので設定出来ます。
100%に近い程補正してくれますがあんまり値がでかいと重くなるんで自分は80%くらいにしてます。
あとちなみに自分の場合大抵線画は全体用と顔用と2枚に分けて描いてます。そうすると表情修正するときに便利(特に眉部分

3)色塗り:肌ベース (肌塗りは大好きなんでもっと露出あると尚良しw


まずは肌のベースの色でべた塗りします。
どうせ上から重ねるんではみ出しとか気にせずばばっと。
ペインタ9ならデジタル水彩が結構いい感じでオススメなんですが、7にはないし水彩はちょっと重い&扱いにくいんで自分はティントで。
色選びですが、自分はカラーのとこの三角のとこから適当に色を選んで使ってますが、ちょっと裏技紹介。
前塗った絵でお気に入りの色合いがあるって場合、その画像を開いてカラーセットのとこの四角のマス目になってるアイコンをクリックして「イメージからカラーセットを作成」するとその画像に使ってる色のカラーパレットが作れます。

4)肌塗りつづき


基本的にベースの色から一段濃い色を塗って更に濃い色を重ねて…って感じで塗ってます。(不透明度はその都度いじって色の重なり具合を調節
使ってる色は肌色3色+ハイライト用の白ぐらい。
んで色をなじませたいな~ってとこを水滴orティントのブレンドでぼかして終了。

5)髪と瞳


瞳はグラデが綺麗になるように結構色を重ねて塗ってます。
ハイライトの白は一番上にハイライト用のレイヤーを作って入れてます。
髪はもう苦手なとこでして…逆にオイラに塗り方教えてくれ~

解除
<<
>>

Comments

  1. ぶちょ より:

    お疲れ様ですありがとござます・゚・(つД`)・゚・
    ひととおり終わったら何か質問させてもらうかもです。
    今の時点でリク思いつくのは・・・ハイライト側と影側で
    比較的に色の差が大きい部分だと見ていてわかりやすい気がするので
    そういう部分があったら(例えばリンゴのように暗い赤~赤~黄色みたいな・・・)
    基本色塗りから完成までのiseさんのようなタッチのグラデーションの掛け方を
    段階的にキャプって使用ツールや設定などをバラしてほしいです(^_^;)
    そっくりそのまま真似して練習してみたいのでw
    面倒なお願いですんませんです・・・

  2. ise より:

    ハイライトと影で色の差が大きい所…
    って何処だろう?w
    自分の絵ってあんまコントラストかけない塗りなんでどこのパーツが分かりやすいかなぁ?
    う~む